HOME » 外壁塗装の劣化具合をチェックしてみよう

外壁塗装の劣化具合をチェックしてみよう

今お住まいの家の外壁、前回塗り替えたのはいつですか?新築から10年以上ずっと塗り替えていないとしたら、そろそろ塗り替えを検討しましょう!

外壁が劣化していると、家の耐久性が落ちて想定よりもずっと早く寿命がやってきます。まずは、塗り替え時期かどうかセルフチェックをしてみましょう。

塗り替え時期の確かめ方!

外壁の耐用年数は、使っている素材にもよりますが平均して約10年程度とされています。

もし、あなたの家の外壁に以下のような劣化が2つ以上見つかったなら、前向きに塗り替えを検討したほうが良いと思いますよ。

ひび割れ 小規模な地震や台風が起きる地域、国道や線路の近くにある家では比較的ひび割れやすい傾向があります。
塗装の剥がれ 雨水などが大量にかかる場所や、塗装の密着不良で起こります。程度によっては剥がれた場所だけで済むケースも。
汚れの付着 外壁が汚れている=汚れ防止のコーティングが劣化している証拠です。
色あせ 太陽に長い間晒された壁は傷んで変色します。劣化した塗膜は建物を守る強度も下がってしまいます。
塗装の膨れ 外壁内部に水が浸入したか、表面と素地の蓄熱差、下地や汚れ落としが不十分だった場合などに発生します。
膨れがあるとそこから剥がれ落ちてしまうため、修繕が必要です。
カビ 北側の外壁、湿気が溜まりやすい場所にはカビやコケが発生します。
塗料には防カビ材が入っていますが、カビが生えるということは劣化している証拠。
サビ 目に見えてすぐわかるレベルで、サビが広範囲に広がっていたら塗り替え時期です。
昔の塗料だと数年でサビが出ることもありましたが、現在はサビが出にくい塗料もあります。
腐食 塗膜が劣化した影響で、鋼材が影響を受け腐ったり錆びて形が崩れている状態。
塗り替えだけでなく腐食部分の交換も必要になります。
チョーキング 壁を触って「手が白くなる」経験をしたことがありますか?
実は、この白いモノは塗料の粉。年数が経過した塗料が変質し、粉状になってしまった状態です。
防水性が低くなり、雨から建物を守る機能が低下しています。

どのチェックも、特に専門的な技術や知識は必要ありませんね。

年に1回ぐらいは家の壁をぐるりと見て、色や形に変化がないかチェックする。

触って粉がつかないか確かめてみる。それだけで、外壁塗装の時期が見極められます。

あなたは何を求める? こだわり別塗装業者3選[練馬区編]

あなたは何を求める? こだわり別塗装業者3選[練馬区編]

練馬区で評判の
外壁塗装業10社
ドリームハウス匠
アマノ建装
外壁塗装センター
光が丘美装
東京ホームペイント
もっと見る
外壁塗装の
劣化具合を
チェックしてみよう
【特集】
外壁塗装業者の
失敗しない選び方in練馬
優良業者と悪質業者の違い
大手と地域密着型がどちらが良いのか
前もって知っておこう業者とのトラブル事例
依頼する前に
知っておきたい
外壁塗装の基礎知識
外壁塗装を行なうタイミングは?
費用相場はいくら?