あなたは何を求める?こだわり別塗装業者3選 3選を見る
はじめて外壁塗装を考えている方へ…安心して任せられる塗装業者ガイド【練馬区編】 » 失敗しない外壁塗装業者の選び方【練馬版】 » 【外壁塗装成功の極意】トラブル事例を知る

【外壁塗装成功の極意】トラブル事例を知る

外壁塗装工事は思い描いたとおりに行く場合もあれば、色々なトラブルにぶつかって対処に追われる場合もあります。

外壁塗装工事においてよく起こるトラブルはどんなものか、そのときどうすれば良いのか、事前に知っておくと、いざと言うときも落ち着いて行動できますよ。

外壁塗装よくあるトラブル集

1年も経たずに剥がれてきた!

外壁塗装は、基本的には約10年ほど持つものですが、工事に手抜きやミスがあると早い段階で色あせたり、剥がれる、膨れるなどのトラブルが起こります。

トラブルを防ぐには→ 契約前からきちんと確認

これは完全に業者側の問題ですので、すぐに連絡すべきです。1年であればまだまだ保証期間内、ということも多いでしょう。なるべく早めに、塗装のやり直しを依頼しましょう。

外壁塗装を少しでも安く済ませたい気持ちはわかりますが、安かろう悪かろうの会社に依頼してトラブルにあうリスクを考えると、やはり会社経営状態などもある程度は考慮すべき。事前に業者に関してきちんと調べ、作業工程を確認しましょう。(記事「作業工程で注目すべきポイント」をみる→

また、工事をどんなスケジュールで進めるのか、という説明をきちんと受け、実際工事が始まったら工程どおりに進んでいるのか確認しましょう。

自宅ならば毎日確認できますが、遠方の物件だと確認ができないため、担当者さんに各工程の写真撮影をしてもらうなど、証拠を残してもらうのを忘れないようにして下さいね。

追加費用を請求された…

初めは安い見積もりだったのに、後から色々と作業が必要になったので料金が追加になった…というのも外壁塗装工事にはよくあるトラブル。

外壁塗装だと、本当にそれが必要だったのか素人には判断しかねるものですし、作業は既に終わっているため、支払うしか道が残されない状態に追い詰められてしまうのです。

トラブルを防ぐには→ 現地調査に立ち会う

初めに壁を調査している段階にきちんと立ち会うことで、本当に壁がダメで費用が必要なのか、後から水増し請求をされているのかを把握できます。もし、後から不具合があったので…と言われても「初めの調査では問題なかったですよ?」と指摘できますね。

さらに、契約するときにきちんと「これ以上費用は発生しないのか」を確認しておきましょう。もし追加費用が発生する場合はどのぐらい出るのか、ということが事前にわかっていれば、後からビックリすることもないでしょう。逆に、そこで言われなかった項目を追加で請求してきたときはきちんと指摘しましょう。

近所からクレームが…

自分は施工主なので音も匂いも我慢できますが、近隣住民には迷惑以外の何者でもないことを理解しておきましょう。たとえばこんな苦情がくることがあります。

トラブルを防ぐには→ しっかり挨拶を!

工事をするのですから、当然のマナーとして近隣の方に挨拶を行いましょう。業者の中には代わりに挨拶をしてくれるところもあるので、お願いしてもよいでしょう。もし可能であれば、その際に同行して一緒に挨拶をすれば、トラブルにつながることはほとんどありません。

また、閑静な住宅街であれば土日の作業は避けてもらう、駐車スペースを確保するなど、近隣住民にできる限り迷惑をかけないための配慮をしましょう。

屋根塗装をしたら雨漏りが発生…

コロニアルなどのスレート屋根の塗装工事をした場合、「縁切り」という作業があります。この作業を行わないと、雨漏りの発生原因になります。

縁切りとは、塗料で埋まってしまった屋根材の隙間を専用の道具で取り除く作業です。

屋根材が重なり合っている部分にはちょっとした隙間があり、屋根の内部に入り込んでしまった雨水を排水する、非常に重要な役割があります。しかし、屋根塗装をすると、その重なり合った部分の隙間が塗料で埋まってしまうのです。

たとえ縁切りをしても、塗料が完全に乾いてからでないと塗料が再びくっついてしまいます。時間も手間もかかることから、塗装業者の中には縁切りを行わずに施工を完了させてしまうことがあるのです。

トラブルを防ぐには→見積もりの中に縁切りの項目が入っているか確認しておきましょう

最近では多くの塗装業者で縁切りの際「タスペーサー」という道具を利用しています。使っているかどうかを見積もりの項目で確認したり、タスペーサーで施工した箇所の写真などを撮ってもらったりして確認するとよいでしょう。タスペーサーを施工するタイミングは、下塗りが終わった後です。

施工によってはタスペーサーが使えないケースもありますが、「縁切り」と「タスペーサー」という単語だけでも、覚えておいて損はありません。

【練馬区民のためのコラム】
トラブルにならないために悪徳業者の特徴を知ろう!

練馬区は23区の中でも人口が多い住宅エリアです。階数の多いマンションは少なくて一戸建てが多い特徴があり、悪徳業者の格好の標的となっている地域といえます。

悪徳の手口は年々巧妙になり、自分が騙されていることにすら気付かない場合も増えているとか。そもそも悪徳業者は、消費者の知識がない部分や日常ではあまり関心のない場所に目をつけているものなのです。

たとえば屋根上や床下など、自分の家なのによく見たこともないような場所がそう。一時期、社会問題にまでなった訪問販売形式によるシロアリ駆除の悪徳業者問題は、記憶にある方も多いのではないでしょうか。

そんな悪徳業者に捕まらないために、悪徳業者を見抜く3つのポイントをご紹介します。

悪質な業者を見抜く3つのポイント

訪問販売でやってくる

一人暮らしで淋しい高齢者に優しく話しかけ、喜びそうな話題で上手におだてながら高額な契約書に判を押させる…。

ようやく手にした大切なマイホームなのに、いきなり「屋根がつぶれるかもしれない」などと不安をあおり、次々に口実をつくって家に上がりこみ、うまい具合に契約まで話を進めてしまう…。

焦るかもしれませんが、落ち着いて。外壁に多少の傷みがあったからといって、すぐに家が倒れるほどのダメージがかかることはありません。その場で契約する行為は絶対にNGです。

悪徳業者にありがちなトーク

自社で開発した塗料をおしてくる

他社には無い、オリジナルの塗料で長持ちする素材を開発したんだ、ということを言ってくるかもしれませんが、それも怪しいです。なぜなら、日本には長年にわたり塗料のことを研究し、世界的に認められているメーカーがあるから。

大手メーカーが莫大な費用を投じてやっと開発したものを、工務店がやすやすと追い抜けるわけがないのです。

ほとんどの外壁塗装会社はこれらのメーカーから塗料を購入しており、完全なる自社ブランドを用意している業者なんてものはほぼ存在しない、と思ってもらってOKです。

提示額が安すぎる、値引き率が多い

心理学などでもよく使われるものですが、初めに「300万円!」と高い値段をふっかけた後、大きく値引いて「150万にサービスします」と言うと…あら不思議。とってもお得に見えてしまうんです。ですが、中身をよくよく見てみると、実際は80万程度でできてしまう工事だった…ということもあります。

また、工事費用自体が元々かなり安い場合、本来ならば3回仕上げ塗りをするところを2回に省いていたり、水で塗料を薄める、下地処理を適当に終わらせる…など、手抜き工事をする可能性があります。せっかく外壁塗装をしても、手抜き工事は全く長持ちせず、再施工を依頼する羽目になります。

外壁塗装は、一見キレイに仕上がっているように見えても、中身は手抜き満載なことも多々あり、悪質業者の数もかなり多いのが現状。うかつに引っかからないように、うまい話は警戒するようにしましょう。

あなたは何を求める?こだわり別塗装業者3選 3選を見る

練馬の優良外壁塗装業社【10選】~口コミ評判~
サカイ美装
アマノ建装
光が丘美装
天羽建装
東京ホームペイント
大久保塗装工業
ペインティアホームズ
木村塗装工業
小栗塗装工業
塗装のミドリヤ
プロが指南する外壁塗装工事のポイント【動画付き/練馬版】
外壁塗装の施工事例まとめin練馬
失敗しない外壁塗装業者の選び方【練馬版】
【外壁塗装成功の極意】トラブル事例を知る
相場から読み解く外壁塗装工事の適正価格【練馬区編】
選ぶべき外壁塗装業者は?大手vs地域密着型 【練馬区版】
外壁塗装 【塗料比較】練馬区との相性は?
~劣化事例からみる~外壁塗装の周期

Copyright (C) 信頼できる業者はこう選ぶ! 練馬区で人気の【優良】外壁塗装業者ガイド All Rights Reserved.