HOME » 【特集】外壁塗装業者の失敗しない選び方in練馬 » 優良業者と悪質業者の違い

優良業者と悪質業者の違い

外壁塗装は、一般の人は相場も作業内容も良く知らないし、見た目もパッと見はキレイになるので手抜き工事とは思われない。ですが、時間が経つにつれてトラブルが露見してきます。きちんと正しい相場・工程で施工してくれる業者はどこで見分けるべきなのでしょうか?

悪質な業者を見抜く3つのポイント

訪問販売でやってくる

複数の業者で見積もりを取ったり、コチラが検討する時間を与えさせないのが、訪問販売の手口。詳しそうな営業マンがある日突然訪ねてきて、「お宅の壁が非常に危険な状態になっていて…!」なんて話をしてきます。

そのタイミングで、「今契約すればキャンペーンで割引が…」なんて美味しい話を持ってきたらどうでしょう。一般の人は外壁に対して知識が乏しいですから、鵜呑みにしてしまうかもしれませんね。

一旦自分で調べてから…と思っても、「今でないと安くならない」と、その場での契約を迫ってくるでしょう。こういった業者は、相場からかけ離れた高額契約&手抜き工事をするケースが非常に多いので、注意が必要です。

焦るかもしれませんが、落ち着いて。外壁に多少の痛みがあったからといって、すぐに家が倒れるほどのダメージがかかることはありません。その場で契約する行為は絶対にNGです。

耐用年数が長すぎる

「うちの塗料は30年持ちますよ!」というフレーズ、それは完全にウソです。

現在外壁に使われている塗料のうち、一番耐用年数が長いものでも20年が限度。一般的によく使われる塗料であれば、10年程度で寿命が来ます。

他社には無い、オリジナルの塗料で長持ちする素材を開発したんだ、ということを言ってくるかもしれませんが、それも怪しいです。なぜなら、日本には長年にわたり塗料のことを研究し、世界的に認められているメーカーがあるから。大手メーカーが莫大な費用を投じてやっと開発したものを、工務店がやすやすと追い抜けるわけがナイのです。

ほとんどの外壁塗装会社はこれらのメーカーから塗料を購入しており、完全なる自社ブランドを用意している業者なんてものはほぼ存在しない、と思ってもらってOKです。

提示額が安すぎる、値引き率が多い

ホームページ掲載やアンケートに答えてくれたら値引きする、というのは良くある割引パターン。ですが、この割引額があまりに大きいと、逆に怪しさを感じます。

心理学などでもよく使われるものですが、初めに「300万円!」と高い値段をふっかけた後、大きく値引いて「150万にサービスします」と言うと…あら不思議。とってもお得に見えてしまうんです。ですが、中身をよくよく見てみると、実際は80万程度で出来てしまう工事だった…ということもあります。

また、工事費用自体が元々かなり安い場合、本来ならば3回仕上げ塗りをするところを2回に省いていたり、水で塗料を薄める、下地処理を適当に終わらせる…など、手抜き工事をする可能性があります。せっかく外壁塗装をしても、手抜き工事は全く長持ちせず、再施工を依頼する羽目になります。

外壁塗装は、一見キレイに仕上がっているように見えても、中身は手抜き満載なことも多々あり、悪質業者の数もかなり多いのが現状。うかつに引っかからないように、上手い話は警戒するようにしましょう。

あなたは何を求める? こだわり別塗装業者3選[練馬区編]

あなたは何を求める? こだわり別塗装業者3選[練馬区編]

練馬区で評判の
外壁塗装業10社
ドリームハウス匠
アマノ建装
外壁塗装センター
光が丘美装
東京ホームペイント
もっと見る
外壁塗装の
劣化具合を
チェックしてみよう
【特集】
外壁塗装業者の
失敗しない選び方in練馬
優良業者と悪質業者の違い
大手と地域密着型がどちらが良いのか
前もって知っておこう業者とのトラブル事例
依頼する前に
知っておきたい
外壁塗装の基礎知識
外壁塗装を行なうタイミングは?
費用相場はいくら?