HOME » 依頼する前に知っておきたい外壁塗装の基礎知識 » 外壁塗装を行なうタイミングは?

外壁塗装を行なうタイミングは?

外壁塗装で使われる塗料には耐用年数が定められており、それを過ぎると徐々に劣化し、家にダメージを与えてしまいます。塗料の種類によって耐用年数は変わってくるので、自分の家は何年周期ぐらいで塗り替えるべきなのか、知っておきましょう。

外壁塗装の耐用年数

塗料の種類 耐用年数 法定耐用年数
アクリル
樹脂
5~8年 5~7年
ウレタン
樹脂
8~10年 10年
シリコン
樹脂
10~15年 12~15年
フッ素
樹脂
15~20年 15~20年

塗料は大きく分けて4種類あり、それぞれ違った特徴を持っています。

耐用年数はそれぞれ表の通りです。一般住宅は主にウレタン樹脂・シリコン樹脂が使われているので、「10年」を目安に塗り替えをするかを検討する、と覚えておくと分かりやすいですね。今現在、本当に塗り替えが必要かどうか…はこちらのチェックを元に、実際に自分の目で確認してみてください。

法定耐用年数とは?

法定耐用年数とは「経費計上する事ができる年数」のことです。

マンションやアパートを経営している場合、住宅修繕にかかる費用は当然ながら必要経費ですよね。例えば、ウレタン樹脂を塗った建物を管理しているならば、外壁塗装でかかった費用を10年間にわたって経費にする(減価償却)ことができます。

新たに塗り替える場合は、この法定耐用年数を経過した後のタイミングを選んだほうが自己負担額を減らす事ができますよ。

ただし、経費として認められるのは「資産価値を高めたり、耐久性を強めたりする目的」の場合。単に「デザインを変えよう!」という理由では経費にできないのでご注意ください。

「うちの塗料は30年持ちますよ!」なんて話もたまにありますが…現状の技術では法的に30年維持できる塗料は存在しません。もしこのような話を持ちかけられたら、悪徳業者だと思ってください!

あなたは何を求める? こだわり別塗装業者3選[練馬区編]

あなたは何を求める? こだわり別塗装業者3選[練馬区編]

練馬区で評判の
外壁塗装業10社
ドリームハウス匠
アマノ建装
外壁塗装センター
光が丘美装
東京ホームペイント
もっと見る
外壁塗装の
劣化具合を
チェックしてみよう
【特集】
外壁塗装業者の
失敗しない選び方in練馬
優良業者と悪質業者の違い
大手と地域密着型がどちらが良いのか
前もって知っておこう業者とのトラブル事例
依頼する前に
知っておきたい
外壁塗装の基礎知識
外壁塗装を行なうタイミングは?
費用相場はいくら?