あなたは何を求める?こだわり別塗装業者3選 3選を見る
はじめて外壁塗装を考えている方へ…安心して任せられる塗装業者ガイド【練馬区編】 » 火災保険で外壁塗装費用を抑えられる?その条件や流れを紹介

火災保険で外壁塗装費用を抑えられる?その条件や流れを紹介

外壁や屋根の塗装を考えた時、ネックになるのが費用面の問題です。業者により異なるものの、家の大きさによっては100万円以上の費用がかかってくる場合もあります。

しかし、場合によっては屋根や外壁の修繕などに火災保険が適用されることも。ただし注意したいのは外壁や屋根の塗装のみの場合には火災保険は適用されないということ。もともと火災保険とは、自然災害による損害を受けた際に適用されるものです。そのため、災害で被害を受けた場合であれば外壁や屋根の補修に関して火災保険が適用となる場合があり、その際に塗装も行うことで足場代などを浮かせられるため、単体で塗装を依頼するより費用を軽減できるケースがあります。

このページでは、火災保険の種類や適用条件、火災保険が適用される際の流れなどについて紹介していきます。

火災保険の種類

火災保険には、大きく分けて「住宅火災保険」「住宅総合保険」「オールリスクタイプ」の3種類があります。それぞれ補償される範囲や保険料が異なります。

住宅火災保険

まず、最もシンプルなものが「住宅火災保険」です。補償対象は「火災、落雷、破裂・爆発、風災、ひょう、雪災」となっていますが、水害や水漏れ、人災による破損、盗難などは対象外となっていますので、洪水や集中豪雨による土砂崩れなどは補償されない点に注意が必要です。

住宅総合保険

住宅火災保険よりも補償対象となる範囲を広げたものが「住宅総合保険」です。住宅火災保険の内容に加えて、「水害、水漏れ、暴行・破損、盗難なども補償の対象となります。

オールリスクタイプ

住宅総合保険よりもさらに補償対象となる範囲を広げた保険が「オールリスクタイプ」と呼ばれるものです。このタイプは、保険会社によって内容が異なるため、どのような部分まで補償対象となるのかを確認しておくことが必要です。

火災保険が使える条件

火災保険を使った修繕を行う場合には、適用条件を確認する必要があります。保険会社や保険商品により適用条件は異なってくるものの、ほとんどの火災保険に共通する部分について紹介します。

加入している火災保険が該当する災害に対応している

自分が加入している火災保険が、発生した災害の被害に対応するかを確認しておく必要があります。上記で説明した通り火災保険には大きく分けて3種類あり、補償対象となる災害の範囲がそれぞれ異なります。

例えば洪水による被害を受けたにも関わらず、加入している保険が水災は対象外としている場合には保険金を受け取ることができません。

自然現象ではなく「災害」によって被害を受けている

火災保険は、自然災害による損害を補償するものです。そのため、風や雨で外壁や屋根が破損した場合でも、それが「災害」によるものではないと判断された場合には補償対象外となります。

例えば「風災による被害」であれば、「最大瞬間風速20メートル/秒以上」の強風が吹いていた場合に破損したものが補償対象となります。このように、強風そのものによる破損や強風が原因の飛来物によって破損した場合などが、補償対象になる可能性があります。

また、「水害による被害」であれば、台風や大雨による洪水、高潮などによるものを指していますが、水害として認定される条件についても確認しておく必要があります。詳細の条件は保険会社によって異なりますが、一般的に「建物または家財それぞれの時価の30%以上の損害」「床上浸水または地盤面から45cm超える浸水による損害」といった条件を満たしていない場合は補償対象外となる可能性が高いといえるでしょう。

修繕作業を行うこと

火災保険が適用されるのは、屋根や外壁などの破損が起こった場合であり、板金工事や葺き替えといった修繕を行った場合です。そのため、塗装工事を行うだけでは火災保険の適用となりません。

免責金額が損害額を上回っていない

火災保険には「免責金額」と呼ばれるものが設定されています。これは、災害による被害に対し、保険の契約者が自己負担しなければならない金額です。多くの火災保険の場合、免責金額なし〜10万円程度で設定できますが、免責金額が大きいほど災害時の自己負担は大きくなるものの、保険料は安く抑えられます。

この免責金額に対し、損害額の方が大きい場合に保険金が支払われますので、少額の修繕で済む場合には保険金の支払い対象とはなりません。

被害の発生から3年以内に申請する

火災保険の請求は、保険法第95条によって「3年以内」と定められています。被害を受けてからあまりにも時間が経つと保険会社側でも被害に関する状況を調べにくくなるということも考えられますので、火災保険の請求はできるだけ速やかに行う方が良いでしょう。

保険適用から施工までの流れ

災害により被害を受けた際、どのような流れで保険金が支払われるのでしょうか。ここでは一連の流れについて説明します。

  1. 火災保険を契約している損害保険会社や保険代理店に連絡をする
  2. 被害を受けた箇所の写真を撮るなど、被害の状況を確認する
  3. 火災保険の申請書を記入して保険会社に提出する
  4. 損害鑑定人(保険会社より派遣)による現場調査が行われる
  5. 調査結果を踏まえ、火災保険の適用対象かどうかの審査が行われる
  6. 対象と判断された場合には保険金が支払われる

上記のような流れで火災保険が適用され、保険金が支払われることになります。あらかじめどのような流れになるのかを確認しておきましょう。

あなたは何を求める?こだわり別塗装業者3選 3選を見る

練馬の優良外壁塗装業社【22選】
新日本技建
ニッカホーム練馬
ペンタくん
日建住装工業
MK塗装工房
岡田塗装
三和トラスト
株式会社藤本工業
プロタイムズ総研 杉並店
株式会社ワタナベ
パラヴィ
小川塗装
マリオン株式会社
ホンダ塗装
ドリームハウス匠
株式会社住まいるペイント(旧社名:サカイ美装)
アマノ建装
光が丘美装
天羽建装
東京ホームペイント
大久保塗装工業
ペインティアホームズ
木村塗装工業
小栗塗装工業
塗装のミドリヤ
プロが指南する外壁塗装工事のポイント【動画付き/練馬版】
外壁塗装の施工事例まとめin練馬
失敗しない外壁塗装業者の選び方【練馬版】
練馬区の外壁塗装工事の価格表
【外壁塗装成功の極意】トラブル事例を知る
相場から読み解く外壁塗装工事の適正価格【練馬区編】
選ぶべき外壁塗装業者は?大手vs地域密着型 【練馬区版】
外壁塗装 【塗料比較】練馬区との相性は?
~劣化事例からみる~外壁塗装の周期
火災保険で外壁塗装費用を抑えられる?その条件や流れを紹介
【番外編】中野区対応の外壁塗装会社5選
【番外編】杉並区対応の外壁塗装会社3選

Copyright (C) 信頼できる業者はこう選ぶ! 練馬区で人気の【優良】外壁塗装業者ガイド All Rights Reserved.